妊娠中の体重は何kg増加まで?太りすぎてはいけない7つの理由

更新日: 50,584 views






taijuukei2
妊娠中の妊婦にとって、体重に関する指導は医者、助産師より厳しくされるものだと思います。

しかし一体何kg増加までOKなのか。人によって一概には言えない妊娠時の理想体重ですが、それをBMI(ボディマスインデックス)より、簡単に計算する方法があるので、紹介します。

参照元は、里帰り出産先の病院の資料です。皆さんも計算して是非理想の体重を目指して下さい。

SPONSORED LINK

理想の妊娠時の体重 計算式

BMI=妊娠前の体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}

※{}内の身長から先に計算してください。

このBMIの数値が、

  • 18.5未満→+9〜12kg
  • 18.5〜24以下→+7〜12kg
  • 25以上→妊娠前+5kg目安、個別相談

とのことです。

私の場合ですが、身長156cm、妊娠前の体重が42kgなので、42÷(1.56×1.56)という計算式で17.25というBMIになりました。
そして妊娠39週、出産間近の現在、+11kgまできてしまいましたが、(普通の病院なら怒られるところ?^_^;)BMIが17.25なので、まぁ特に問題ないと言われました。

SPONSORED LINK

太りすぎてはいけない7つの理由

お産が難産になるから、が答えだとは思いますが、ではどうして太ってしまうと難産になりやすいのか。
理由は下記です。

  1. 妊娠高血圧症候群(高血圧・尿蛋白)になりやすい
  2. 妊娠高血圧症候群になると、胎盤への血流が悪くなり、赤ちゃんの発育が悪くなる
  3. 身体に脂肪がついて、心臓に負担がかかる
  4. 産道に脂肪がついて、お産に時間がかかり、母子ともに疲れる
  5. 赤ちゃんに過度のストレスがかかると、お腹の中で便をし、その便が混じった羊水を飲む込むことで呼吸状態が悪化
  6. 子宮の筋肉が疲れ出血が増えたり、妊娠時の子宮に戻るのに時間がかかる
  7. 妊娠糖尿病になりやすく、巨大児の出産につながる

だそうです。なんだか悪いこと尽くしですね。。とにかく過度の体重増加は、だめなことがわかりました。

SPONSORED LINK

妊娠中の体重の内容

妊娠中の体重を単純に計算すると、

  • 胎児・胎盤・羊水→4kg
  • 乳房→0.5kg
  • 血液・水分→2kg
  • 子宮→0.5kg
  • 皮下脂肪→2kg
  • 合計:+9kg

だそうです。ということは、体重が増えすぎた分だけ、ほとんど母親の脂肪になるということです。これが難産を引き起こす原因なんですね。

体重増加を防ぐために

妊娠時の体重を増やし過ぎないように、以下の点を心がけましょう。

  • 1日3食、時間を決めてきちんと食べる
  • カロリーの高いお菓子や間食は控える
  • 食欲があるときは麺類よりも野菜や海藻類を食べる
  • 飲み物は水かお茶にする
  • 毎日体重を測る
  • 安静と言われていなければ、1日30分~1時間の散歩をする

です。

頭ではわかっていても、なかなかきちんと行動にうつすのって難しいですよね。

私の場合は里帰り出産で、実家に帰ってきた約2ヶ月間で、+4kg増加しました。胎児が妊娠後期になるにつれて大きくなるのはいいのですが、私もどんどん大きくなったということです。
実家での豊富な食事と、たくさんの手土産品やお菓子類。。自分ではそんなに食べている実感はないんだけれども、東京にいるときは働いていたりとかなり動いていたので、そこが原因なのかなぁと思います。

皆さんも妊娠時の体重管理には十分気をつけて、安産を目指しましょう!

そうだ、妊娠線予防対策は万全ですか?




体重も気になるところですが、安定期を超えるとどんどんお腹も大きくなり、気になってくるのが妊娠線。実際、出産後に私もできてしまいました。稲妻のようなひび割れが(涙)。お腹が大きくなってきた時にあわてて妊娠線クリームを使用はしたものの、やはりできるものはできてしまうんですね。

あとで知ったのですが、妊娠線の予防は妊娠初期から行ったほうがいいようです。乾燥し始める前に、対策をしましょう。初期からやっておけばよかったなぁ。

その中でおすすめの妊娠線予防クリームが、こちらのベルタ妊娠線クリーム。雑誌「たまごクラブ」や「VERY」などでも取り上げられている、メジャーなものです。私が利用していたものはこれではありませんが、よさ気な雰囲気が出ています。(笑)試してみてもいいかもしれません。

安産体重に向けてのおすすめ本

 

以上

育児エルゴから新作抱っこひもが出ました。新生児から使える最強の抱っこ紐はこちら

【PR】妊婦さんへ:葉酸は取れていますか?

とくにつわりでつらい妊娠初期なんかは、赤ちゃんの体を作る上でもとても大事な時期です。赤ちゃんの頭や脳などが作られているんですね。そこで重要なのが、母親がきちんと栄養を取れているか?ということです。

とくに「葉酸」をきちんと取ろうと言われていて、私もそれだけは親に言われてきちんと取っていました。食事があまりとれなくとも、この葉酸だけは取りましょう。というか、取ってほしいです。

なぜなら、この葉酸が不足すると、赤ちゃんの先天性異常(神経管閉鎖障害)が起こる可能性が高くなり、危険だからです。厚生労働省は、妊娠の可能性のある人にたいして、葉酸を摂取するように言っています。

そこで、数ある葉酸サプリの中でおすすめなのが、「ベルタ葉酸サプリ」です。

安く売られている葉酸サプリも同じなのでは、と私も思っていたのですが、入っている栄養成分が全然違うようです。こちらは厚生労働省も推奨している栄養価の高い成分を配合していて、めちゃくちゃ売れている葉酸サプリなんですね。栄養士も推奨している、高品質な葉酸サプリです。雑誌「たまごクラブ」にも掲載されています。

赤ちゃんのためにも、つわりで食事は取れなくとも、こういった葉酸サプリはしっかり摂取しましょう。

↓↓

妊娠中のママのための
☆ベルタ葉酸サプリ☆

この記事がよかったら
いいね!お願いします
ヽ(=´▽`=)ノ

ままはっくの最新情報を
お届けします

Twitterでまなしばをフォローしよう!

この記事を書いている「まなしば」って誰?

こちらの記事もよく読まれています

今日の人気記事

  • プロフィール画像
    2歳の娘とエンジニアの夫と3人暮らしの88世代のブロガー。産休中からブログ書いてたら、月間60万PVになったので、脱サラしてフリーランスでメディアを作ってます。趣味はPerfume、ポケモン。東京在住の大阪人/同志社
    詳しいプロフィール・お問い合わせはこちら

ままはっくについて

アクセスありがとうございます。
このブログは育児ブロガー・まなしばが、妊娠出産・子育て・WEBサービスについて書いている“ママ術”的ブログです。
よろしくどうぞ!ヽ(=´▽`=)ノ
まなしばの詳しいプロフィール
Twitter | Facebook
プライバシーポリシー

夫と開発したブロガー向けツール

iOSとAndroidアプリ両方を探して紹介できるアプリ紹介ツール:
アプリーチ

TOP