【口コミ】エルゴベビー抱っこ紐やベビーカーに防寒カバーとして使える、ベビーホッパーのウインターカバーが良い感じ

まなしばです。エルゴベビーの正規輸入代理店に訪問させていただいたときに、こんなのもあるんですよ!ということで、ベビーホッパーのウインターカバーも体験させていただいたんですが・・

これが、めちゃくちゃ暖かい・・・!!

こちらのウインターカバーは、エルゴベビーの日本正規総代理店である、株式会社ダッドウェイがエルゴベビー・ベビーキャリアのためにデザインした専用アクセサリーです。つまり日本のオリジナル商品ですね。

こちらをちょっと紹介したいと思います。

ウインターカバーとは?

エルゴベビーなどの抱っこ紐に使える、防寒用のカバー(ケープ)です。

エルゴベビーの抱っこ紐の上から覆うようにかけ、赤ちゃん・抱っこする人を寒さからしっかり守ってくれるものです。

ダウン素材のものもあったり、裏地がボア素材になっているものもあったりと、とても暖かいです。


寒そうな赤ちゃんの頭も、フード付きなのでしっかり守ってくれます。


▲こちらは、1番人気の「ウインター・マルチプルカバー」の裏側。ボア素材がとても気持ちがいいです。

また、抱っこをする人が、ポケットに手を入れることができるようになっていて、これが最高に暖かい。


▲ポケット部分の裏地がボアの仕様になっているものもあって、ついつい入れたくなってしまう。

価格は、税込みで8532円〜と、決して安くはないものではありますが、以下でも紹介するように、ベビーカーにも取り付けられるので、冬場にこれ1つあれば、赤ちゃんの防寒対策としては、とても良いのではないでしょうか。

ベビーカーにも取り付けられる

抱っこ紐だけでなく、ベビーカーにも取り付けられます。

足元までしっかり覆って、これ、完全に暖かいやつです・・!

▲ただ掛けるだけでなく、スナップボタンでベビーカーに取り付けられるので、外れにくくなっています◎

余談ですが、我が家では娘が赤ちゃんのとき、ベビーカー専用(エアバギー)の、フットマフカバーというものを使っておりました。

こちらも大活躍して、買ってよかった商品のうちの1つなのですが、よく考えたら抱っこ紐と併用できるものの方がよかったな、と思います。

当時はこちらのベビーホッパーのカバーの存在を知らなかったので・・(+_+)

抱っこ紐に防寒カバーは必要?

で、そもそもなんですが、抱っこ紐を使用するにあたって、冬場は防寒カバーが必要なのか?と迷われる方もいるかと思います。

個人的には、何かしら、赤ちゃんを防寒するものは必要だと思います。

住んでいる地域にもよりますが、やはり冬場は寒いですし、赤ちゃんに着込ませたまま、抱っこ紐をすると、どうしても窮屈になってしまうんですよね。

冬場でも室内の暖房で赤ちゃんが汗だく…なんてこともあって、着替えさせるのも面倒でした。

そんなときは上から何か羽織るなどの工夫は必要で、そのベストチョイスとして、こちらのウインターカバーになるのかなと思います。

たまにブランケットなどを抱っこ紐の上から上手にかけている人も見かけますが、どうしてもフィットしづらいのと、暖かさは大丈夫なのかな?と気になってしまいます。

かくいう私も、娘が赤ちゃんのときに、抱っこ紐をして近所の薬局に出かけた時に、「ちょっと寒いかな?」と思いつつ、少しだからいいや、と思って、そのまま出かけてしまった時があって、娘に風邪をひかせてしまったときがありました。

その時は私のコートでしっかり覆っていたつもりだったんですが、不十分だったようです。

もちろんそれが直接的に風邪に繋がったのかはわかりませんが、当然ですが後悔しまして、それ以来温度管理には気をつけるようになり。。

当時の私にこの防寒カバーを教えてあげたいです。

エルゴベビー以外の抱っこ紐にも使えるの?

このウインターカバーですが、そもそもは、エルゴベビーの抱っこ紐にしっかりフィットするように作られているものです。だからこそ寒い風などをしっかり防いでくれるんですね。

このフラップが、エルゴベビーの抱っこ紐のループ部分に通るようにできています。

とはいえ、エルゴベビー以外の抱っこ紐にも、基本的には使えるものとなっているようです。

以下のように、抱っこ紐の肩紐の部分に巻きつけるようにして固定するため、スリングなどではなく、同じような形の抱っこ紐であれば使えるようになっています。

とはいえ、フィットするものもあれば、しづらいものもあると思うので、エルゴベビー以外で使用したい場合は、できれば試着してからのほうが、無難だと思います。

抱っこ紐やベビーカーの種類によっては取り付けできない場合があるので、注意してください。

※ちなみに、抱っこ紐を「前向き抱き」で使用する際は、こちらのカバーは取り付けないようにしましょう。

発売されているウインターカバーは3種類

2017年10月現在、種類は3つ。

カラーはそれぞれ、ブラックやグレー、ネイビーなど合わせやすい色が揃っています。

定番人気のマルチプルカバー

1番人気のウインター・マルチプルカバー。中面は3Mシンサレートといって、薄くて軽くて暖かい、高機能の中綿を使っています。

裏側は中空糸のボア素材になっていて、軽くて暖かい!

撥水(テフロン)加工の外生地とボアで、その日の天候に合わせてリバーシブルで使用できます。

価格は税込みで8532円です。公式ショップで購入すると送料無料で約800円分のポイントがつき(※ポイントについては2017年10月23日時点の情報となります)、次回のお買い物に使えます◎ちなみに1年間の保証サービスつき。

ダウンが入って暖かいマルチプルダウンカバー

個人的にはこちらが1番欲しいです。

裏側はボア素材で、中の詰め物はダウンが90%という暖か仕様。冬の旅行などでも活躍しそうです。

こちらもテフロン加工の外生地&ボアのリバーシブル可能。

価格は税込みで10800円。こちらも公式ショップだとポイントが1000円分ついて(※2017年10月23日時点)、次回のお買い物に使えます。

レインカバーとしても使えるオールウェザー・ダウンカバー

最後はレインカバーとしても、また防寒カバーとしても使える、オールウェザー・ダウンカバー。

雨の日もしっかり赤ちゃんをガードする全部入りですね。優れた撥水加工も嬉しいです。

価格は税込みで12960円と1番高くはなってしまいますが、レインカバー単体、ダウンカバー単体でも使えて一年中ずっと使えるのでコスパ◎

こちらはポイントが1200円分(※2017年10月23日時点)つきます。

ウインターカバーの取り付け方法

ウインターカバーの取り付け方は、広げて置いて装着する方法と、抱っこ紐をしてから立ったまま装着する方法の2つがあります。

とはいえ、どちらもとても簡単に取り付けることができます。

詳しく知りたい方は、以下の公式の動画をご覧ください。

※一部ストラップの仕様が画像と異なる場合があります。
※商品取扱説明を読んでお使いください。

ウインターカバーの洗濯について

ウインターカバーの洗濯については、基本的にはOKです。

ただ、取り扱いにあたって、いくつか注意点があるので挙げておきます。

ウインター・マルチプルカバーとウインター・マルチプルダウンカバーは

などです。ただし、オールウェザー・ダウンカバーの、ダウンカバー単体は

ということです。

ケース別・おすすめの防寒カバー

ベビーホッパーの防寒用カバーについて見てきました。

我が家ではベビーカー専用のフットマフカバーを当時は購入しましたが、今であれば、抱っこ紐の上からでも使用できるこちらを購入したいと思います。

赤ちゃんは体温調節がうまくできないですし、それをしっかりカバーしてあげる防寒グッズを準備したいですね。

価格重視の方は、1番人気のウインター・マルチプルカバーがいいと思いますし

ダウン素材が良くてより暖かさを求める方は、ウインター・マルチプルダウンカバー。私はこれが欲しいです。

とにかく毎日抱っこひもを使う!という方は、一年中使えるオールウェザー・ダウンカバー。

抱っこ紐と一緒に選んであげて下さい。寒い冬を少しでもラクに乗り越えたいものです。